マンション 売却

マンション 売却 税金

マンションを売却した時の税金は、

 

◯マンションを買った時より安く売却した場合
税金はかかりません。
→確定申告の必要もありませんが、すれば所得税の環付が受けられる特例もあります。

 

◯マンションを買った時より高く売却した場合
所得税・住民税がかかります。
→確定申告も必須です。
特別控除によって税金が安くなることもあります。

 

 

以下が使える特別控除。

 

◯マイホーム(居住用財産)を売ったときの特例
マイホーム(居住用財産)を売ったとき、所有期間に関係なく、譲渡所得から最高3,000万円まで控除できます。

 

・特例を受けるための適用要件
(1)自分が住んでいるマンションを売却するか、以前住んでいた場合は、住まなくなった日から3年目の年の12月31日までに売ること。

 

(2)売却した年の前年もしくは前々年に、この特別控除やマイホーム買換え・交換などの特例を受けていないこと。

 

(3)親子や夫婦、生計を一つにする親族、マンションを売却した後そのマンションで同居する親族、内縁関係など、特別な関係の人に売ったものではないこと。

 

◯マイホーム(居住用財産)を売ったときの軽減税率の特例
マイホーム(居住用財産)売ったとき、譲渡所得が3,000万円を超えてしまい、上記の特別控除を使えない場合でも、以下の要件に当てはまる場合には税金を通常よりも低い税率で計算する軽減税率の特例を受けることができます。

 

・特例を受けるための適用要件
(1)自分が住んでいるマンションを売却するか、以前住んでいた場合は、住まなくなった日から3年目の年の12月31日までに売ること。

 

(2)マンションを売却した年の1月1日において、売却したマンションの所有期間が10年を超えていること。

 

(3)売却した年の前年もしくは前々年に、この特別控除やマイホーム買換え・交換などの特例を受けていないこと。

 

(4)親子や夫婦、生計を一つにする親族、マンションを売却した後そのマンションで同居する親族、内縁関係など、特別な関係の人に売ったものではないこと。

 

・軽減税率の特例を受ける場合の税金の計算式

譲渡所得が6,000万円以下

所得税 課税譲渡所得 × 10%
住民税 課税譲渡所得 × 4%

譲渡所得が6,000万円超

所得税 (課税譲渡所得−6,000万円) × 15% + 600万円
住民税 (課税譲渡所得−6,000万円) × 5% + 240万円

 

ちなみに、軽減税率の特例を受けなかった場合の税金は以下の通り。
・通常の税金の計算式

長期譲渡所得

所得税 課税譲渡所得 × 15%
住民税 課税譲渡所得 × 5%

短期譲渡所得

所得税 課税譲渡所得 × 30%
住民税 課税譲渡所得 × 9%

 

マンションを売却した時の税金がかなり安くなることがわかってもらえると思います。

 

マンションを売却して利益が出た場合には、確定申告をする前に使える特別控除がないかを必ずチェックしましょう。